LINE

LINE 3.7.6

大人気の無料通話・メールアプリLINEのMac版、最新アップデートでビデオ通話も可能に

賛成票

  • 大人気アプリLINEのトーク(チャット)をPCでも利用できる
  • Macのキーボードで入力するため、チャットがスムーズに行える
  • スマートフォン版のLINEとデータが自動的に同期する
  • 画面の大きさを変えたり、半透明にしたりとカスタマイズができる

反対票

  • ビデオ通話はできない

秀逸
9

LINE(ライン)は、携帯電話・iPhone・Androidで大人気の無料アプリ「LINE」公式のMac版ソフトです。アプリ版のトーク(チャット)画面に近いデザインで、LINEユーザーと快適にトークできます。

最新のバージョンアップではビデオ通話機能が追加されました。ビデオ通話機能は、iPhone・Android・PC(Windows/Mac)の対応デバイス間で利用可能、Wi-Fiのほか3G回線でも利用できます。音声通話とビデオ通話は通話中の切り替えも可能なので、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

MacでLINEを使うには、スマートフォンでLINEを使っていて、メールアドレスを登録している必要があります。お手持ちのスマートフォンにLINEをインストールしていない場合は、まずスマートフォンでアカウントを作り、メールアドレスを登録してからMacで利用しましょう。Mac版のLINEをインストールして起動したら、メールアドレスとパスワードを入力するだけで簡単にログインできます。ログインするとスマートフォンと同期するため、スマートフォンのLINEでつながっている友だちがすべて表示されるほか、それまでのトークの履歴、さらにスマートフォンで使っているスタンプもすべて表示されます。トークの際にはMacのキーボードで入力を行うため、高速なチャットもスムーズです。

LINEのトーク画面はデフォルトではスマートフォン版と同じような縦長ですが、好みに応じて大きくしたり、半透明にしたりすることもでき、長文のチャットなども快適です。スマートフォン版と同じく無料通話も可能です。このほか、人気の無料通話アプリにはViber for Macがあります。

LINEは、無料通話・メールアプリLINEのMac版です。

[v3.7.6] ・ 無料通話セキュリティ強化 ・MAC 10.10(Yosemite)対応:トークルームにファイルをドラッグ&ドロップした際に自動的に終了する問題を解決 ・ロングメッセージ送受信時にテキストビューアを提供

変更

  • [v3.7.6] ・ 無料通話セキュリティ強化 ・MAC 10.10(Yosemite)対応:トークルームにファイルをドラッグ&ドロップした際に自動的に終了する問題を解決 ・ロングメッセージ送受信時にテキストビューアを提供

ユーザーレビュー

スポンサー×